病院選びがミソ!がん治療に纏わる抗がん剤と副作用の負担リスク

医師との信頼関係を築くためには~対話を重ねる~

治療法を適切に選ぶためには、医師に自分の意見をしっかり伝えることが大切です。セカンドオピニオンを受けて主治医以外の医師から意見を聞くことで、治療の選択肢が広がるかもしれません。医師だけではなく家族と、意見を交わすことを忘れないようにしてください。

そもそもセカンドオピニオンとは?

目的やタイミング、費用について

セカンドオピニオンとは、患者と医師が互いに納得の上で治療を進めるために、主治医以外の医師に求める第二の意見のことを言います。現在受けている治療が適切なのか、他に治療法の選択肢がないのかといった疑問も、第三者の意見を聞くことで納得のいく治療法が選択できます。ただし、セカンドオピニオンは今の主治医に不満があるので、違う医師に診てもらいたいという理由で求めるものではありません。その場合は、転医もしくは転院になります。

セカンドオピニオンを受けるためには、主治医の紹介状と検査結果が必要になります。検討する人の中には、主治医には内緒にしたいと思っている人も沢山います。しかし、紹介状や検査結果がないと診断をスムーズに進めることができません。また、大きな病院では診断料も高くなる可能性があるのです。セカンドオピニオンは健康保険適用外の診療となるため、5,000~10,000円程度の料金を実費で支払う必要があります。

ファーストオピニオンの理解がまずは大事

セカンドオピニオンをうまく利用するためには、ファーストオピニオンで主治医の話を理解することが大切です。「病気が発見された経緯」「主治医が行なった検査とその結果」「主治医が行なった診断と進行度とその根拠」「主治医が提案している治療法」「重篤な病気の場合は余命宣告の有無とその根拠」 せめて、これらの内容は把握しておくことが求められます。ファーストオピニオンの診断内容が理解できていない状態では、セカンドオピニオンを受けても適切な判断を下すのは困難でしょう。また、セカンドオピニオンを受ける際も、主治医に依頼して検査に関する書類を全て準備してもらいましょう。資料が揃っていないと、適切なセカンドオピニオンが得られない可能性があります。

主治医への結果報告と相談

医師と話をする高齢者

セカンドオピニオンを聞くことができたら、主治医へ結果報告と相談を必ず行なってください。セカンドオピニオンの内容次第では、主治医の意見が変わる場合があります。しかし、セカンドオピニオンの内容を考慮した上で、新たな治療方針を提案しているため選択肢として含めることが大切です。転院先でしかできない治療法を希望するのであれば、その旨を主治医に説明して転院に必要な紹介状を作成してもらいましょう。

治療や療養生活を送るためには信頼関係を築くこと

対話を重ねる

がんという病気は自分1人で治すことができません。診断や治療、その後のケアなど長い期間に渡って主治医や看護師と関わることになります。喉の痛みなどの自覚症状や、メンタル的に不安なことは患者にしか分かりません。しかし、患者の病状や適切な治療について、医学的な立場で最も理解しているのは、主治医や看護師なのです。

治療に関わるスタッフとの信頼関係を築き上げていくことで、治療への信用が高まります。

最初のうちは質問があっても、うまく聞けないことがあるでしょう。医師の説明が一度で理解できない場合でも、時間をかけて理解していけばいいのです。医師と患者の関係も日常の人間関係と同じように、対話を重ねていくことで徐々に信頼関係が築かれるのです。

質問はリストにしておく

笑顔の女性

主治医への質問はあらかじめリスト化しておくといいでしょう。1日に何人もの患者さんの対応をしないといけない医師は、1人に充てることができる時間が限られています。質問事項をリスト化して、質問内容を明確にしておくことで短時間でも効率的に質問ができるでしょう。質問がうまくできない場合は、リストを主治医に渡すのも良いかもしれません。しかし、1度で沢山の質問をしても、すべての答えを正しく理解できない場合があります。そのため、質問には優先順位を付けて、質問数を少数に絞ることが勧められます。最初は理解できなくても、治療を進めていく中で理解できることもあります。質問内容や、回答はいつでも読み返せるように、ノートなどに残しておくと良いでしょう。

がん治療を受ける前の心構え

抗がん剤治療を受けるか家族にも相談する

家族の団欒風景

がんの治療方針を検討する際は、事前に家族と話し合うことも大切です。副作用が強い抗がん剤治療を受けたくないと言う患者さんは沢山います。しかし、抗がん剤治療を受けることで少しでも回復に向かうのであれば、治療を受けてほしいと思うのが家族の本心でしょう。お互いの考えや感じたことを十分に話し合い理解を深めることで、自分が本当に納得できる治療法が判断できるのです。